Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
ヤムヤのHPはこちら♪
www.yamuya.jp
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
最後に生き残る人々は「譲る心を持った人」

今回は、ヒト・レニンの遺伝子解読に成功された筑波大学教授、村上和雄先生の「心の遺

伝子の相互作用に関する研究」を参考に、思うことを書いてみます。

 

最近のコンピュータ(AI)に「どんな人間が最後に生き残るか」を推測させたところ

「力の強い人、自分のことを優先させて考える人、競争に勝ち抜いてゆく人」などという

大方の予想を裏切って、「譲る心を持った人」という回答が出てきたという話があります。

これはいったい何を意味しているのでしょうか。

「他人のためを第一に考える人が、結局報われる」いうことではないでしょうか。

人の心は「他人のため」に献身的に努力しているとき、理想的な状態で働く。

良い遺伝子がONになる。

だから他人のために何かをすることほど、自分に役立つことはありません。

自分の心を充実させたかったから、人の心を充実させてあげ、自分が成功したかったら、人

の成功を心から望む。こういう生き方をすればよいのです。

 

 

確かに産業革命以後の社会は、ダーウィンの進化論の世界で、強いものが勝って生きのび、

弱いものh淘汰されていく。

こういう競争原理が勝った世の中では、こういう生き方はできません。人を押しのけてでも

勝とうとしないと負けてしまいます。

負ければ敗残者として顧みられなくなる。だからみんなが勝とう勝とうとしています。

 

しかし、科学が進歩して生命の仕組みが解明されるにつれて、まったく違った考え方が浮上

してきています。その一つに共生的進化論というのがあります。人間に限らず生物は、お互

いに助け合いながら進化したという考え方です。

 

この進化を簡単に説明すると、単純な細胞が一段上の細胞に進化するときに、争うのではな

く、合体して新しい細胞を形成したのです。

つまり細胞同士が協調的な働きをすることで、複雑な働きをする細胞が出来上がっていった。

けっして強いものが弱いものをやっつけるというかたちで生まれたのではなく、それぞれ独

自の働きをする単純な生命体が、互いに助け合って作り出されたと考えるのです。

 

これは、対立と抗争、分断と個別化を、進歩や進化の原動力とみなすのではなく、助け合い

譲り合い、分かち合いの三つの「合い」が、本当の進化の原動力だとする考え方なのです。

 

ここ数年、外国からの訪問客が急激に増えています。リピータ客も増えているそうです。

なぜでしょう?。日本の社会の中に、上述したある意味世界の一歩先をいく日本の社会や

伝統にあこがれを抱くのでないでしょうか。

 

日本人の一人として、ここ最近の社会の風潮を見てみると、目や耳を疑うような事案が数多

く見られ不安を覚えます。

それでも長い歴史の中で積み上げられてきた日本人の魂は、訪日客を通じ、外国に良い種を

まいてゆくに違いないと思っています。

 

こんな言葉があります。

 

   「天道無親 常興善人」

                     老子の言葉ーよりー

 

道徳(良心)に従った生き方をしていれば天は必ず見ていてくれる。

故に、本当に厳しく見つめるべきは、自分の良心なのです。

 

 

 

 

posted by: yamuya | - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:43 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://yamuya.jugem.jp/trackback/197
トラックバック